マタニティブラとして使うナイトブラの選び方

マタニティブラとして使うナイトブラの選び方

妊娠中や産後は、バストが大きく変化するので、それに合わせてマタニティが必要になります。
このマタニティブラの代用として、ナイトブラを使うことができます。
ただし、敏感なバストにダメージを与えないブラを使うことが大切です。
ここでは、ナイトブラをマタニティブラとして使う場合に確かめてほしいポイントを紹介します。

 

 

・肌触りの良いもの

 

妊娠中や産後に着用するものは、肌触りの良いものを選びましょう。
産前産後の時期は肌が敏感なので、ちょっとした刺激でも、肌トラブルを引き起こすこともあります。
コットンなどの肌に優しく柔らかくい生地で、肌に直接触れる装飾などのないものを選びましょう。

 

 

・伸縮性のあるもの

 

妊娠中や授乳中は、女性ホルモンの分泌が活発になるので、バストが大きくなる人が多いです。
伸縮性の悪いナイトブラを着用していると、バストの変化に対応することができず、締め付けられてしまいます。
圧迫されて苦しくなったり、クーパー靭帯を傷つけてバストが型崩れしたりしてしまいます。

 

 

店頭で購入する場合は、アンダーバストや背中の部分がしっかり伸びるかチェックしましょう。
通販の場合は、実際に触って確かめることができないので、伸縮性についての説明を読んだり、口コミを調べたりしましょう。

 

 

・ストラップの幅が広いもの

 

産前産後の時期は、ストラップ(肩ひも)が太いものを選びましょう。
ストラップの部分が細いと、肩に集中して重みがかかり、肩こりや頭痛の原因にもなります。
特に、ホルモンがランスが変化する妊娠初期は、肩こりや首のこりが起こりやすく、それによって頭痛も引き起こされます。

 

 

ストラップが太いものなら、肩にかかる重みを分散できるので、肩こりなどの症状を緩和することができます。

 

 

・サポート力に優れたもの

 

産後の方は、バストをしっかりと固定するサポート力や補正力が高いものを選びましょう。
チェックするポイントとしては、「パッドが厚め」「脂肪が横に流れるのを防ぐ脇高設計」「ホックのサイズ調整可能」といった特徴のあるナイトブラは、バストを正しい位置に固定してくれます。

 

 

ここで紹介したポイントが全てそろったのが「ジニエブラ」です。
ジニエブラは、普段使い、ナイトブラ、スポーツブラ、マタニティブラとしても使える万能なブラです。
特に、伸縮性にすぐれ、どんな体系でもフィットし、快適に過ごせるということで、マタニティブラにはピッタリです。
産前産後の時期が過ぎても、さまざまなシーンで活躍するので、買って損のないアイテムと言ってよいでしょう。下着通販激安で可愛い下着ならおすすめのお店があります