ナイトブラではないブラを睡眠時に着用した場合の悪影響

ナイトブラではないブラを睡眠時に着用した場合の悪影響

ジニエブラは、24時間いつでも着用できるブラということで、“ナイトブラ”としても注目されています。
ジニエブラのように、昼用でも夜用でも使えるものは良いですが、夜用に勧められていないブラをナイトブラとして代用するのはやめましょう。

 

 

ここでは、ナイトブラではないブラによる体への悪影響について解説します。

 

 

・ワイヤーブラ

 

きれいなバストラインを作り出してくれるワイヤーブラですが、寝ている時に着用すると、バストや体にさまざまな支障をきたすことがあります。
例えば、「ワイヤーが肌に当たって、傷ができたり痕が残ったりする」「きつく締め付けられて、血行やリンパの流れが悪くなる」「ストラップやホックの部分が細いものは、バストへの負担が大きい」などです。

 

 

締め付けによって血流が滞ることで、女性ホルモンの分泌量も減り、バストの発育を妨げたり、ハリが失われたりしてしまいます。
また、血流が悪くなるということは、バストに栄養が十分に届かないので、バストの脂肪も減ってバストダウンにつながってしまいます。

 

 

・スポーツブラ

 

スポーツブラは、激しい運動の衝撃からバストを守るためのものです。
形はナイトブラに似ていますが、着用の目的は全く違うので、スポーツブラをナイトブラの代わりに着けて寝るのはやめましょう。

 

 

スポーツブラを着けて寝ると、「締め付けが強いので、血流やリンパの流れが滞る」「圧迫感によって睡眠の妨げになる」「立体感がないので、バストラインをキープできない」「圧力が強くて苦しい」などの支障が出てきます。
寝ている間、バストをずっと押しつぶし、型崩れを起こすことにもなります。

 

 

・カップ付きのインナーやブラトップ

 

カップ付きのインナーやブラトップは、インナーとブラの役割を果たし、バストを締め付けずに形をキープしてくれる優れモノですが、寝ている間に着用するとさまざまなリスクがあります。

 

 

例えば、「ホールド力が弱いので、バストが脇や背中の方へ流れる」「立体的なバストラインを作れない」「横になると、カップからバストがズレる」などです。

 

 

着心地の良いものが多いですがホールド力は弱いので、バストをしっかりと支えられず、下垂が進むこともあります。

 

 

・ノンワイヤーブラ

 

着け心地の良さや体への負担の軽減を重視しているノンワイヤーブラですが、睡眠時に着用するのは良くありません。

 

 

考えられるリスクとしては、「サポート力が弱くしっかりバストを支えられないので、脂肪が横に流れてしまう」「立体性が弱く、バストラインの型崩れを起こす」などです。

 

 

ノンワイヤーブラは、他のブラと比べるとナイトブラに近いですが、睡眠時のバストを支える設計にはなっていないので避けましょう。
ただ、同じノンワイヤーブラでも、ジニエブラは、寝ている時のバストの動きも想定して作られているので、安心して着用できます。バストアップナイトブラ 安くて人気のおすすめ!!