きつすぎるナイトブラを使い続けることによる体への悪影響

きつすぎるナイトブラを使い続けることによる体への悪影響

ナイトブラを着用すると、きつかったり苦しかったり感じる人もいるでしょう。
ナイトブラは寝ている間に動くバストを正しい位置にサポートするものなので、バストを支えるためにある程度の引き締め感があります。

 

 

しかし、肌に生地が食い込んだり、痕が残ったりするほどのきつさを感じている場合は、注意した方が良いでしょう。
ここでは、きついナイトブラを使い続けることで、どんな悪影響が現れるか紹介します。

 

 

・バストが型崩れを起こす

 

窮屈なナイトブラを着用し続けると、バストの形がどんどん崩れてしまいます。
バストのほとんどが脂肪でできているので、いろんな方向へ流れますが、きついと感じながら使い続けると、背中や脇の方へバストのお肉が流れてしまうのです。

 

 

そのため、バストが正しい位置で固定され、窮屈だと感じないナイトブラを選ぶことが大切です。

 

 

・バスト周りのリンパの流れが滞る

 

締め付けの強いナイトブラを着用していると、リンパの流れを悪くして、必要な栄養が乳腺まで届かなくなり、バストの成長が止まってしまいます。

 

 

また、締め付けによって血行も悪くなるので、血液によって運ばれるはずの栄養がうまく届かず、貧乳の原因になってしまいます。
さらに、血行が悪くなると、体の冷えやむくみの原因になり、体調不良にもつながります。

 

 

このような状態では、バストアップに効果的な食生活を心がけていても、全く意味がなくなってしまうので、ナイトブラのサイズを確認しましょう。

 

 

・睡眠の質が悪くなる

 

ナイトブラがきつかったり着け心地が悪いと、寝付けなかったり眠りが浅くなったり、睡眠の質が悪くなってしまいます。
また、バストアップに大切な成長ホルモンが活発になる午後10時~午前2時に十分な睡眠が取れないと、育乳に悪い影響を与えてしまいます。

 

 

・摩擦によって色素が沈着する

 

締め付けが強いナイトブラだと、肌と皮膚との間に摩擦が起こって、色素沈着することがあります。
沈着した状態のままだと、その部分がシミになって定着してしまうことがあります。
バストがくすんだ色になるのはのは見た目にも良くないので、ナイトブラがきついと感じたら注意しましょう。

 

 

ナイトブラのきつさが気になる方におすすめなのは、「ジニエブラ」です。
ジニエブラは、1日中着用することができるブラで、ナイトブラとしても使えます。
ジニエブラは、フィット感やフォールド感に優れていますが、実際に使用している人の口コミでもきつさは感じられないようです。
そのため、ジニエブラを着用すれば、夜も快適に寝られて、美しいバストを手に入れられるでしょう。アーブラ通販つけ心地快適なブラジャーアーブラ通販がお得